たぐけんの投資と馬日記

株式投資と馬について思ったことを書いていきます

2024年1月末のポートフォリオ

前月比 5.4%  (TOPIX 7.8%)

年初来 5.4%  (TOPIX 7.8%)

レバレッジ1.34倍



決算後の反応が良い株が多かった印象でした。

上方修正+増配ならかなり多くの銘柄が10%以上上昇している感じでしたので、幅広く決算前に買う戦略がマッチしているのではと思い月後半はポジションを取りました。

ヤマエグループの新株発行での下落が効きました、レバかけての指数劣後は厳しいですね。。

 

第一パン上方修正

来期原材料費一段高や設備投資改修、物流費上昇などのコスト増要因 VS 工場閉鎖等効率化と値上げ効果、で本決算のガイダンスが注目されます。

配送費は売上の12-13%くらいあり、物流2024年問題はリスクかもしれません。

戸塚の工場跡地の賃貸料は四季報にもある通り25年から本格寄与。

ネットで調べるとヤマダデンキ「ライフセレクトNEW横浜本店」が2024年12月6日に建築完了予定のようです。

ヤマダデンキは779店舗あり有報で賃借料746億かかっているのでざっくり1店舗1億くらいの賃料でした。(自社物件もありそうなのでもう少し店舗当たり賃料高い可能性あり)

 

ハークスレイ

弁当から不動産と物流食品加工事業へ、MA積極的。手元資金豊富。

昨年MAした稲葉ピーナッツは成功している。

販売用不動産はバランスシートに計上しており、流動資産、商品及び製品に含んでいる。

稲葉ピーナツ、節分用「福豆」は12月に売上計上するため3Q売上が上がる傾向。

本決算、株主総会の頃に中計発表予定。

月次資料でお弁当と不動産テナント状況を開示している。

①店舗不動産の管理テナント数

→自社(TRN)保有物件に入っているテナント数

②店舗リースの取引店舗数

→不動産オーナーから物件を借り飲食店経営者に転貸しているテナント数

12月に上方修正していることからも、不動産販売が12月までに発生した可能性が高く、稲葉の10-12月季節性も少しあり、3Qは強い数字が期待できるのでは。

本決算は中計発表があり、MA含めた意欲的な数字出てくることに期待している。

 

マミーマート

決算&中計説明会を試聴したメモ

①セルフレジ4店舗→拡大

②担当割振り、品出しとか簡単な作業は統一の部署に。

③TOPでの圧倒的な売上アップ

④新フォーマット店舗25→60

2026年売上2050億は挑戦的な数字

2024年5月で値上げ恩恵は一巡

出店12店舗予定

ディスカウント業態はグローサリー売上が増える

TOPによる売上と利益の伸びにかなりの自信を持っている様子。

勝ち組スーパーに変身できるのか非常に興味深い。

 

日本食店の世界での口コミ好評価を見ると

日本のラーメン、寿司が世界で大きく発展する未来を想像しながら対象株を持ち続けることが出来ると幸せだなぁと思いました。

2023年12月末のポートフォリオ

 

前月比 4.4%  (TOPIX -0.3%)

年初来 45.1%  (TOPIX 25.1%)

レバレッジ1.24倍

 

in 魁力屋、パリミキハークスレイ、粧美堂、FCEHD

out 三菱地所中外製薬オプティマスグループ減、和弘食品減 SCREEN減、アズーム減

 

今年の大きな出来事ベスト3

3月 骨髄移植のドナーを経験しました

6月 日経マネーに個人投資家の1人として掲載されました

12月 転勤で24年1月から東京勤務となりました

 

7月から資産費1,1~1.2倍くらいの軽いレバレッジをかけるようになり、指数を上回る成績になりました。

植田日銀が緩和姿勢を続ける限りレバレッジは継続していこうと思っています。

 

新規銘柄

魁力屋 

現在134店 味が近い来来亭が249店ある、店舗拡大余地は大きい

万人に受ける背脂醤油ラーメン

スープは店内調理

上場で出店加速するのでは?

経常利益率7.3%

既存店8%増加はかなり良い、今後月次も開示予定。


五反田店に視察に行きましたが、ターゲット層が広く可能性を感じました。

お子様セット350円でラーメン、チャーハン、ゼリー、おもちゃ

ミニラーメン200円、杏仁豆腐100円

テーブル席は親子連れ多い

次回使える100円割引券もらえる(期限1カ月)

 

パリミキとFCEHDは勉強会で紹介いただき、良いと思ったため購入しました。

ハークスレイと粧美堂は割安成長株かなと思い購入してます。

 

オプティマスグループの大半を売却してしまいましたが、コムストックさんのようにどっしりと構えていた方が良かったのかもしれません。

 

来年も楽しい1年にしたいですね!

今年の損切、利確ベスト5

今年の取引もほとんど終了しましたので、損切、利確ベスト5を振り返りたいと思います。

 

損切

①-175万 5255 モンスターラボホールディングス

鮄川社長の経歴や過去記事を見て、今後のグローバルな発展を期待しましたがご存知の通りの8月黒字から赤字決算への修正があり万事休すでした。

 

②-79万 7794 イーディーピー

昨年11月の上方修正からの今年2月の下方修正で2連S安。市場規模の見誤り、人工品が普及すると天然品含めて希少価値下がり価格下落が起こる、LGDメーカーからの受注もブレが大きい。この辺りをわかっていませんでした。マイナス額は少ないですが+330万含み益→損切なのでショックは今年1番でした。

 

③−69万 7686 カクヤス

酒税法改正で23年10月からビールの税率が下がる事、物流2024年問題から運び手の価値が上がるのでは?と思い購入しましたが、昨年10月のビール値上げ時に気づくべき銘柄でした。

 

④−59万 9337 トリドリ

Twitterで話題になっていて後乗りな上に損失を出しており、お恥ずかしい限りの取引でした。

 

⑤−58万 9229 サンウェルズ

9月の上方修正時に購入しましたが、診療報酬改定の際に「利益率が高すぎる企業は、狙い撃ちされやすい傾向が出てくる懸念」で売られていると判断し損切しました。今回の改定で下げられなくても2年に1回必ず俎上に上がる事自体が適正PERを低下させると判断しました。今後の株価推移はとても気になります。

 

利確

①478万 9268 オプティマスグループ

5月の本決算時から購入し11月の上昇まで大きく取ることができました、ビッグモーター問題が追い風だった、円安が続いた、競合が弱体化した、事が業績にプラスでした。AUTOPACT買収について煽る人も多く期待先行だった分12月の下落が大きくなっていますが今後の成長に期待して1000株だけ残して見守っていきます。

2021年の時も大きな利益となったため相性の良い銘柄です。

 

②374万 3496 アズーム

長期で保有しておりましたが、自分が駐車場探す時に利用してイマイチだったため部分的に売却しました。

 

③237万 6061 ユニバーサル園芸社

長期で保有しておりましたが、11月の1Q決算で人件費増加による利益低下を懸念して半分売却しました。関西のレンタル事業が前年比マイナスで価格で切替られるリスクもそれなりにある事が分かったのも売却した要因の1つです。

 

④221万 9338 インフォリッチ

勉強会で教えてもらった銘柄で、社内でも若手の認知度が高く女子は荷物少なくするためchargespot借りる事に抵抗ない事がわかり購入出来ました。8月の黒字決算前に買えていた事が大きかったです。今も主力です。

 

⑤201万 4417 グローバルセキュリティエキスパート

長期で保有しておりましたが、マイナス金利解除局面で高PER許容されない状況下と考え部分的に売却しました。業績にはとても期待しています。

 

⑥196万 7014 名村造船所

5月の決算後に駄犬さんのブログ、日経産業新聞でのバリシップ記事(造船各社社長の強気発言)を参考に買いました。その後造船バブルの様相を呈しており、どこまで乗っていられるものかと思案中です。株価上昇でPF1位になっちゃっています。

 

⑦136万 9348 ispace

上場直後に買って、月面着陸チャレンジ前に売却しています。

 

⑧122万 7972 イトーキ

年初にログミーの記事、OMEGAのレポートを読んで少量購入しました。思いがけず高く上昇し全利確済みです。

 

⑨120万 6016ジャパンエンジン

以前購入していた株が大きく上昇し部分利確しました。

水素、アンモニアどちらが主流になるかわからないがどちらも進捗している、造船株よりも先に利益が出てくる想定でした。

 

⑩108万 シンクロフード

昨年からの保有でしたが、1Q決算後に全て売却しました。

 

昨年末から日本株全体が大きく上昇した恩恵を受けて利確が多くなりました。

主力銘柄は1年でかなり入れ替わりました。

長期投資は難しいです。

IPOはたまにセカンダリ買うくらいで、参加率は低めです。

2023年11月末のポートフォリオ

前月比 9.3%  (TOPIX 5.4%)

年初来 39.0%  (TOPIX 25.5%)

レバレッジ1.23倍

 

in オプティマスグループ増、中外製薬、モリ工業、第一屋製パン半導体銘柄

out システムサポート減、ユニバーサル園芸社減、WDBココ、ジェイエスエス、ソシオネクスト、森永乳業、サンウェルズ、一蔵、カクヤス

 

保有上位の決算が上下激しく、ポートフォリオ上位が入れ替わりました。

レバレッジある分、地合いに助けられた感じの月でした。

 

持株の決算メモ

オプティマスグループ 2Q
上方修正

NZにおける成約台数の飛躍的な増加、未船積在庫は減少傾向、サービスや検査部門も好調な利益額。

【AUTOPACT買収】

1年のブリッジローン230億(取得価格は250億)
想像より安い取得でしたし、豪州新車販売数伸びておりシナジー考えると安い買い物だと思います。

3Q時:AUTOPACT含む業績へ修正
本決算:中計修正、新株発行+自己株売出
かもなと想像しております。

NZも豪州も人口増加地域、新車不足から豪州でディーラーアプローチありバリューチェーン構築のチャンスが来た!(山中社長談)

AUTOPACTの業績は2023年6月期1599億まで売上伸長
10月豪州新車販売は前年比22.3%増と市場全体が好調。

 

*決算後に大きく買増ししたのですが、思いがけない株価まで上昇したため一部利益確定しました。需給戦は苦手なのでこういう展開は好きではないです。

 

トヨクモ 3Q
上方修正

3Qは予定通り広告宣伝費を使用
有償契約数は順調に増加
エンタープライズ向けはサイボウズと新会社を設立し取締役の田里氏を専任に
クラウドフレアみたいな順番待ちシステムあり
立会外分売は退社済の落合雄一氏可能性高そう

 

ユニバーサル園芸社 1Q

売上総利益は伸びているが、採用・賃金上昇・教育・福利厚生により販管費が嵩み大きく減益
販管費の内訳→IRに確認したところ、人件費で1億、教育・福利厚生で5000万ほどの増加。継続的に発生しそうな経費のため、利益率低下懸念が出てきました。
関西のグリーンが前年比マイナスなのは?→経費削減による業者変えあった。

社員の給与が上がるのは良いことですが、総じて今後の業績期待という意味ではMAの売上上乗せ以外に不透明感が強く保有割合を減らしました。

 

GSX 2Q

3Q、4Qは賞与と先行投資で2Q程利益率高くならない
毎年期初予想上振れ着地

中計達成のための打ち手
4つの要素拡大、網屋提携もその1つ
3つの方程式
業績に対する安心感があります

GSXと兼松エレク BBSecの株式を追加取得

BBSecの得意とする準大手、大手企業向けにGSXセキュリティ教育の拡販期待
大手と中小では繁忙期が異なるそうで、お互いの人員を効率的に配置できるそう(青柳社長談)
網屋とBBSecも協業しているため、将来的には網屋への追加出資もありそうですかね。

 

ヤマエグループ 2Q
上方修正

多数のMAを行いスケールメリットを活かしながら卸売りとしての利益率2%を維持する、順調ですね
インフレ時代の日本では1番マッチしてそうな戦略と思っています
市場からの資金調達が無ければなお良しです。

 

WDBココ 2Q

過去最高の売上になっているがWDB臨床研究の寄与割合不明
前2Qの受注損失引当金戻し入れ影響除けば前2Q比増益
今期は受注損失引当金少量のため影響なさそう

だんだん説明資料が詳しくなりつつある、説明会も引き続き実施予定。

 

業界にいて感じるのは、「副作用調査を簡易的に済まそう」という流れです。

簡易的になると外注先は売上利益の減少要因になります。

*今までが無駄に細かすぎた、とも言えます。

業績の鈍化懸念と業界の外注縮小の流れを感じて売却しました。

 

森永製菓 2Q
上方修正、分割

国内菓子食品:ムーンライト、ハイチュウ、森永ラムネが過去最高売上、値引きも少なく適正価格販売により利益確保
米国事業:ハイチュウとゼリー好調、円安もあり利益大幅増加
海外売上比率は12.5%まで上昇

2Qが1番利益出る期ですが営業利益83億は好調ですね。

 

システムサポート 1Q

売上、営業利益共に順調
クラウドインテグレーション事業のクラウド基盤移行がQonQで減収なのが気になります、おそらくMicrosoft Azure関連が低かった様子
サービスナウ導入支援は順調
顧客数も249社まで増加

前期MA子会社の退職があったが今期は離職率5%切るくらいになるか

 

 

転勤で1月から東京勤務となる事が決まりました。

家族で引っ越すため、川口市に急遽中古マンションを購入しました。

12月は東京と札幌の往復が増えそうです。

関東圏で開催される投資勉強会にリアル参加できるようになるし、株主総会にもたくさん出れそうなのが楽しみです!

 

 

 

 

23年10月末のポートフォリオ

 

前月比 -8.0%  (TOPIX -3.0%)

年初来 27.1%  (TOPIX 19.1%)

レバレッジ1.29倍

月半ばでレバ1.1倍に落としましたが月末までに再びレバをかけ直しました。

 

in 森永乳業東洋水産、和弘食品、一蔵、ソシオネクス

out 中外、参天、イトーキ、ブロードメディア、あいHD、三井E&S

 

日々のボラティリティが激しく、精神的に疲れた1ヶ月でした。

持株新興の最後の砦、アズームとインフォリッチが崩れて万事休すでした。

 

新興銘柄の中ではサンウェルズ、カクヤスは買い値よりも下がってしまったため減らしました。

 

海外で食品を販売している企業の利益が出てきている感じがします。

西本Wismettacの中計、日清製粉の決算後の動きを見て、東洋水産を決算後に買いました。

米国で即席麺が売れていて、液体スープも前年比横ばいの予想でした。

和弘食品はその状況下でシェア伸ばしてきているので減益って事は無さそうだと思います。

 

最近ヨーグルトやアイス、お菓子の安売りが少ないメーカーだと思われる森永2社は今後も利益確保ができるのでは感じています。

身近な食品株を買うと価格調査が楽しくなりますね。

 

 

 

2023年9月末のポートフォリオ

前月比 3.5%  (TOPIX -0.4%)

年初来 38.1%  (TOPIX 22.8%)

レバレッジ1.18倍

 

in 

サンウェルズ、三菱地所中外製薬参天製薬、あいHD

out 

中国塗料、HENNGE、トヨクモ


サンウェルズは上方修正を発表した翌日と週明け2回に分けて買いました。

IPO時に調べて少量買ってすぐに売ってしまっていたので再インです。

2年後には今期のアンビスと同じ規模まで大きく成長する中計、開設施設増の計画で評価されなければ仕方ないくらいの気持ちでした。

疾患の選択が良く罹患期間、患者属性、医療者の負担のバランスが良いと思われます。

出来高からも株主がかなり入れ替わったのではないかなと想像しております。

*サンウェルズを買ったので、グロース枠としてHENNGE、トヨクモを売却。

 

ネクステージは不正発覚からの社長辞任まで一気の展開

中古車銘柄は国内仕入れ、海外で販売しているオプティマスには追い風に。

9/25 オプティマスグループ AUTOPACT PTY LTD株式取得

売上規模が2倍以上になるとても大きな買収劇。

IDOMは2015年、売上600億くらいのBuick Holdings Pty Lt の67%を117億で取得
オプティマスは売上1290億、営業利益57億のAUTOPACT PTY LTDをいくらで取得?
400億くらい?
自己株式売却、第三者割り当て、銀行借入、今後の資金調達手段と金額に注目です。

 

ユニバーサル園芸社

有報にてしれっと中計ローリング
令和6年6月期150億 → 令和7年6月期182億

9月1日リリースの泰成緑栄は1.6億で現金により取得
MAも順調に増えていますしある程度見えている目標なのだと思われます。

 

9/22 植田さんの日銀会見を見ました

デフレには決して戻らないと力強く緩和継続を訴えており、とても応援しています!

 

3月に骨髄移植を行いましたが、厚生労働大臣から感謝状が届きました。

良い事をしたんだなぁと改めて実感しました。

f:id:taguken0505:20230929224609j:image

 

 

2023年8月末のポートフォリオ

 

前月比 4.8%  (TOPIX 0.4%)

年初来 33.4%  (TOPIX 23.3%)

レバレッジ1.15倍

 

in 

カクヤス、中北製作所、ジェイエスエス、森永製菓、中国塗料、HENNGE、イトーキ、三井E&S

out 

エスプール、シンクロフード、太平洋セメント三菱製紙、ワンキャリア、Mマート、コメダ

 

今月は決算後にかなり銘柄を入れ替えました。

 

エスプールは悲しみの損切りとなりました。

農園とBPO成長期待に変わりはありません。

厚生年金の人数を見ると人材アウトソーシングの社員数が毎月100人以上減っているのが止まっていません。

前期3Qからは人材アウトのハードル低くなりますが、更なる業績悪化を織り込んでいるのかと判断しました。

f:id:taguken0505:20230831195204j:image

 

システムサポート 本決算

クラウドインテグレーションが好調持続
185名人員増加しても退職率は4.9%→5.4%(MAした会社での退職を除けば4.4%)

資格取得時間にも給与支払う、受験料も負担する、資格取れれば手当増。直近4.2%昇給。リモートワーク推奨。この打ち手で退職率低位推移。
前回中計は「最終年度の利益率10%が1番難しい」と言っていた分がローリングされ売上増加予定で確度高まる。
中身はクラウドのリセール部分が大きくなる予定。大企業のマルチクラウド化ニーズを捉えている手応えある様子。

中計利益目標は少し抑えている、のが前回中計との違い。

業種的に適正PERは15~20倍あたりで、利益上振れ分とオーガニック成長分での株価上昇を期待しています。

決算発表後株価が下落したため大きく買い増ししてみました。

 

ユニバーサル園芸社 本決算

関東のレンタル中心に好調、小売は光熱費負担重く減益
海外のレンタル伸び悩み
MAもあり今期は期初から強気予想(新人の2/3を関東に配属し、関東レンタルを増やす計画)

6/30グループのRolling Greens Incがインナーグリーン社のレンタルグリーン事業部を事業譲渡により約4億円で取得(売上は3億円くらい)

決算説明会資料には中計があり28年営業利益30億から純利益30億へ修正。

増配さえしてくれれば完璧なのですが。

 

 

カクヤス 1Q

飲食店向けが想定超の回復
特に個人飲食店が好調

個人店は当日、即日、少量であり、ここに対応するのはドミナントで人員数確保していないと厳しい、競争優位性にしている。

2022年10月酒の値上げで商品単価上昇。

他の酒販店がコロナで人員削減し、コロナ戻っても配送を隔日にしたり、新規個人を断ったりしている。

その個人飲食店がカクヤスに流れる→Mマートと同じ流れと感じる。

2023年も新卒100名採用、70名が配送業務

配達を100%内製化している。だから雨の日は顧客が申し訳なく思って逆に注文減らしてくれる。

最短1時間配送だと再配達がほとんど無い


配送方法は3つ

1、店舗からの配送

2、サテライトからの配送(今期中に25→32へ増加)

3、通常のルート配送

酒のマーケットは4兆円

売上1150億なので10%の4000億まで目指したい。

各業界トップシェアは10%くらいのところ多いから、それくらい行けるのでは。

東京から他の都市に広げていく

https://gekiryu-online.jp/2023/06/132962

 

 

利益率の低かった卸売、小売り企業が値上げにより利益確保できるようになってきていると感じます。

この大きな流れを上手く取り込んでいきたいですね。

街中での商品販売価格推移追っていく楽しみがあります。